【作品紹介ブログ】YMDミュージックから出版されている2種類の《ベルガマスク組曲》

YMDミュージックでは2種類の《ベルガマスク組曲》を出版しています。
野村秀樹氏編曲版はサクソフォーン12重奏、山田悠人編曲版はサクソフォーン5重奏となっております。
2作品の違いをお楽しみいただければと思います。
=====
ベルガマスク組曲[サクソフォーン5重奏](クロード・ドビュッシー/山田悠人)
印刷楽譜 電子(PDF)楽譜 演奏音源
近代フランスを代表する作曲家クロード・ドビュッシーの作品です。比較的初期のピアノ作品であり、第3曲の〈月の光〉は特に有名かと思います。タイトルのベルガマスクの由来は諸説あるそうです。4曲がそれぞれ特徴的な雰囲気を持っており、サクソフォーン5重奏の様々な一面をお楽しみいただけます。
=====
ベルガマスク組曲[サクソフォーン12重奏](クロード・ドビュッシー/野村秀樹)
印刷楽譜 電子(PDF)楽譜 演奏音源
「ベルガマスク組曲」はフランス印象主義音楽のパイオニア、クロード・ドビュッシーが1890年に作曲したピアノのための組曲、ドビュッシー初期の作品です。
4つの曲(プレリュード、メヌエット、月の光、パスピエ)からなり、中でも「月の光」はドビュッシーの代名詞といえるでしょう。色彩溢れるドビュッシーの作品とフランス育ちのクラシックサクソフォーンとの出会いは、サクソフォーンの素材と機能性をいかした華麗なる響き、ピアノからサクソフォーンに飛び移った旋律たちの優美さ、そして時には思いもよらないはしゃぎっぷり!? と楽しい想像がふくらみます。
サクソフォーンオーケストラによる「ベルガマスク組曲」、新しい発見と喜びが演奏空間いっぱいにひろがることを期待しています。
この楽譜は福島県を中心に活動する「モアレ・サクソフォーン・アンサンブル(Moire Saxophone Ensemble)」の依頼により、2015年10月11日(日)「モアレサクソフォーンアンサンブル第18回定期演奏会」(於/福島市音楽堂大ホール、指揮/野村 秀樹)で初演されました。
この作品は 「横浜Douze Sax」(サクソフォーン12重奏)のために12パートで書かれています。12人での演奏はもちろん、大人数のサクソフォーンオーケストラでの演奏もスケールの大きな響きが得られます。また各パートの1st、2ndを使用しての8重奏でも演奏することができます。ソプラニーノサクソフォーン、バスサクソフォーンが用意できない時は、付属の移調譜をご使用ください。(ソプリロ・サクソフォーンの楽譜も入っています)
楽譜中の Echo の部分は演奏効果(主に倍音の充実)を考慮して書いてあります。演奏者、会場の環境に応じて人数、音量 (優しく控えた音量で) など調節してください。
3rd Alto Saxophone、3rd Tenor Saxophone は少し簡単な音で編曲しています。

最新の商品情報やキャンペーン情報は以下のホームページやSNSから配信中!
ぜひチェックして、フォローや「いいね!」をお願いします!
ウェブサイト
ウェブショップ
Twitter
Facebookページ
YouTubeチャンネル
Instagramアカウント