【作品紹介ブログ】サクソフォーンオーケストラ版《宝島》は参加型合奏(イベント)にもオススメ!

1月31日発売(パートスコアセット先行発売)のサクソフォーンオーケストラ版《宝島(T-SQUARE)》は参加型合奏(イベント)にオススメです!

当作品は電子楽譜に限りスコア単品販売(バラ売り)を行っております。
例えば、参加型合奏(イベント)を行う際、スコアセット販売だと主催者が人数分の楽譜を購入し、それを参加者に配布(手渡しまたは郵送)する必要があり大変ですよね?
このバラ売りを利用することで、イベント主催者は参加者に『演奏曲の楽譜は事前にご購入ください』という案内が可能となり、出演者ご自身で楽譜の準備が可能となります!
フルスコア
*Sopranino Saxophone in E♭
1st Soprano Saxophone in B♭
2nd Soprano Saxophone in B♭
*3rd Soprano Saxophone in B♭
1st Alto Saxophone in E♭
2nd Alto Saxophone in E♭
*3rd Alto Saxophone in E♭
1st Tenor Saxophone in B♭
2nd Tenor Saxophone in B♭
*3rd Tenor Saxophone in B♭
1st Baritone Saxophone in E♭
2nd Baritone Saxophone in E♭
*3rd Baritone Saxophone in E♭
*Bass Saxophone in B♭
*Tubax in E♭

*Drums

電子楽譜の正しい利用方法はあまり浸透していないと思いますので、改めてご説明致します。
電子(PDF)楽譜はタブレット端末等の画面上に表示させて使用する事、または購入数の範囲内で紙に複製(印刷)して使用する事が出来ます。
ただし、電子(PDF)楽譜データを著作権者の許諾を得ずに第三者(複数人数で演奏する楽曲の各演奏者も含む)に配布すること、共有することは出来ません。特に、メール送信やオンラインでのファイル共有サービス等を用いた受け渡しは「楽譜データの複製」と見なされますので出来ません。また、著作権者の許諾を得ずに電子(PDF)楽譜を原本として購入数を超える部数を印刷(複製)する行為(プルト増し)は出来ません。
フルスコアからパートスコアを作る事は複製行為であるため、著作権者の許諾を得ずに行うことは出来ません。
詳しい楽譜の利用方法につきまして、弊社音楽著作権コンテンツをご覧ください。
電子楽譜の正しい使い方について
音楽著作物の複製(楽譜のコピー)について

本来ならば全ての作品でバラ売りを行いたいのですが、様々な事情ですべての作品でバラ売りが出来ておりません。
特に、外国作品に於いては販売上の制約が多く、セット販売のみとなります(サクソフォーンオーケストラ版《アルヴァマー序曲》もパートスコアはセット販売のみとなります。)。セット商品の一部楽譜が必要な際もセット商品をご購入いただき、楽譜の不正コピーを行わないよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

皆様のご利用をお待ち致しております!

・宝島
編成:サクソフォーンオーケストラ
作編曲者:和泉宏隆(山田悠人)
印刷楽譜 演奏音源(道央地区バントフェスティバル様) 演奏音源(Le ciel du saxon様)

・アルヴァマー序曲
編成:サクソフォーンオーケストラ
作編曲者:J.バーンズ(山田悠人)
印刷楽譜 演奏音源

最新の商品情報やキャンペーン情報は以下のホームページやSNSから配信中!
ぜひチェックして、フォローや「いいね!」をお願いします!
ウェブサイト
ウェブショップ
Piascore楽譜ストア(電子楽譜)
Twitter
Facebookページ
YouTubeチャンネル
Instagramアカウント