【新譜発売】歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール」[サクソフォーン4重奏]

・歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール」
編成:サクソフォーン4重奏
作編曲者:カミーユ・サン=サーンス(山田悠人)
印刷楽譜 電子(PDF)楽譜 演奏映像

《歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール」(仏: Bacchanale de “Samson et Dalila”, Op.47)》は、フランスの作曲家であり、ピアニスト・オルガニストでもあるカミーユ・サン=サーンス(1835-1921)によって作曲された作品である。
「サムソンとデリラ」は旧約聖書「士師記」に登場する怪力の持ち主サムソンと対立する民族との争いを題材とした物語に基づいて作曲された3幕4場の歌劇である。台本は、サン=サーンスの従兄弟である、フェルディナン・ルメールが作った。
舞台は紀元前1150年のパレスチナのガザ。ヘブライの勇士サムソンは、敵姫デリラの誘惑に負け盲目にされるが、ついには落命しつつ祖国を守る。
《バッカナール》は、第3幕第2場で演奏される。本作品は、単独で演奏されることが多い。本作品の他にも《あなたの声に我が心は開く》は有名である。

こちらの作品も本日3月25日発売開始です!

・死の舞踏
編成:サクソフォーン4重奏
作編曲者:カミーユ・サン=サーンス(山田悠人)
印刷楽譜 電子(PDF)楽譜 演奏映像

最新の商品情報やキャンペーン情報は以下のホームページやSNSから配信中!
ぜひチェックして、フォローや「いいね!」をお願いします!
ウェブサイト
ウェブショップ
Piascore楽譜ストア(電子楽譜)
Twitter
Facebook
LINE公式アカウント
YouTube
Instagram