【作品紹介ブログ】フランツ・レハールのオペレッタで使われた楽曲《喜歌劇「メリー・ウィドウ」より[サクソフォーン2重奏&ピアノ]》

皆さんこんにちは!
本日は《喜歌劇「メリー・ウィドウ」より》をご紹介致します。

『メリー・ウィドウ』はハンガリー出身の作曲家であるフランツ・レハールが作曲した3幕のオペレッタです。タイトルを日本語に直すと「陽気な未亡人」となります。
20世紀初頭のパリを舞台に、富豪の未亡人ハンナ・グラヴァリなど2組の恋が絡み合う喜劇です。
1905年にウィーンで初演されました。

本作品はアルト・サクソフォーン、テナー・サクソフォーン、ピアノの3重奏となっており、オペレッタで使われる様々な楽曲をメドレー形式に編曲しています。
中でも、「ヴィリアの歌」や「女・女・女のマーチ」は有名かと思います。
サクソフォーンデュオコンサートにオススメの作品です!

・喜歌劇「メリー・ウィドウ」より
編成:サクソフォーン2重奏&ピアノ
作編曲者:F.レハール(山田悠人)
印刷楽譜 演奏音源

最新の商品情報やキャンペーン情報は以下のホームページやSNSから配信中!
ぜひチェックして、フォローや「いいね!」をお願いします!
ウェブサイト
ウェブショップ
Piascore楽譜ストア(電子楽譜)
Twitter
Facebookページ
YouTubeチャンネル
Instagramアカウント