【新譜発売のご案内】死の舞踏[フルート4重奏]

・死の舞踏
編成:フルート4重奏
作編曲者:カミーユ・サン=サーンス(山田悠人)
印刷楽譜 電子楽譜

《死の舞踏(仏: Danse macabre)》は、フランスの作曲家であり、ピアニスト・オルガニストでもあるカミーユ・サン=サーンス(1835-1921)によって作曲された作品である。サン=サーンスは、生涯に4つの交響詩を作曲しており、その中で最も有名な作品であると言える。この作品は元々、1872年にピアノ伴奏の歌曲として作曲され、1874年に管弦楽曲が作られた。
フランスの詩人アンリ・カザリスの奇怪な詩に基づく、夜の墓場で踊る骸骨の不気味な光景を描いた作品である。曲の構成は、ト短調、4分の3拍子、ムヴマン・モデレ・ドゥ・ヴァルス(穏やかなワルツのテンポで)。物語の順番に沿っている。独奏ヴァイオリンがAとE♭の不協和音で死神らしい雰囲気を表している。骸骨が踊るワルツとして、グレゴリアン・チャントの《ディエス・イレ(怒りの日)》の旋律がほのめかされている。
曲中で骸骨の骨のぶつかる音を表現するシロフォンの旋律は、後年の作品《動物の謝肉祭》第12曲〈化石〉でも使われている。
このフルート4重奏編曲版は、フルート4重奏独特の音響になるように再構築することを目指している。

最新の商品情報やキャンペーン情報は以下のホームページやSNSから配信中!
ぜひチェックして、フォローや「いいね!」をお願いします!
ウェブサイト
ウェブショップ
Piascore楽譜ストア(電子楽譜)
Twitter
Facebook
LINE公式アカウント
YouTube
Instagram